カートを見る

お知らせ

4EBDDCC6-712D-4C03-8290-DDEF476D371F

平昌?!2018.02.21

らぼの矢野です!

連日、平昌オリンピックの日本勢の活躍がすごいですね!
らぼでも平昌オリンピックについて話をしているのを耳にします。

朝の掃除中に「オリンピック選手ってどうやったらなれるかな〜?」と聞かれた矢野は「たくさん練習して、たくさん努力して、たくさん試合に出て勝っていかなければいけないんだよ〜」と答えながらもハッと閃くのです。
らぼでもオリンピックをすればいいんだ!と。

思いたったらすぐ行動!
運動学でいつも運動を頑張っているらぼの生徒たちですが、今日は運動学ではしない縄跳び(1分間に何回跳べるか)と、上体起こし(30秒間で何回できるか)でラボリンピックを開催しました!
もちろんスタッフも参加し、真剣勝負です!

結果は、末藤惨敗(上体起こし)、矢野圧勝(縄跳び)!
矢野に関しては、ラボリンピックレコードを叩き出し、絶対王者となってしまいましたw

生徒手作りの金・銀・銅メダルも準備し、表彰式も行いました!
頑張れー!と応援しあいながら自己ベストが出せるよう頑張り、3つのメダルを獲得した生徒も。
末藤先生のメダルには、まあまあ頑張ったんじゃねーか?賞の文字が…
末藤先生頑張ってくださいw

まだまだ続く平昌オリンピック。
ラボリンピックもまだまだ続くか?!

これからもソーシャルスクールLikeLab(自立訓練・久留米)をよろしくお願いします。

95FB37B2-0A7D-4F71-956E-12667BA32A88

名刺は人との縁をつなぐ2018.02.16

リンクの小林です。

LikeLabの名刺は5色です。
実行力の赤、専門力の緑、分析力の青、発想力の黄色、包容力のピンク!
スタッフの個性を活かしたいと言う気持ちを込めて作られています。

Studio LinkでLikeLabの5色を取り入れることをテーマに、名刺コンペを行いました。
今回のデザインのこだわりは、名刺表面に5色の半円形を入れたこと。
なぜ円形かと言うと、一人で出来ることは小さくてもチームになると可能性が広がる「チーム一丸」となるという意味が込められています。
そして、名刺は、自分と他人をつなげる役割を担っています。
つまり「人と人の”縁”をつなぐ」チーム一”丸”となって相手の方とのご”縁”を(つなぐ)という意味を込めて半分=半円を描いています。

今後もコンペを通して、さまざまなデザインを考えていきます。
会社・個人名刺等の作成を考えている方がいらっしゃいましたらStudio Linkにご連絡ください!

あなたの代”名刺”を一緒に作ってみませんか?

これからもStudio Link(就労継続支援B型・久留米)をよろしくお願いします。

4C07403C-586B-478B-8961-217552E45AB2

帆布さをりポケット付きバッグ2018.02.15

ヌッカの椿です。

いつも楽しい色目で仕上げてくれるメンバーのさをり織り。
そこで、自分が持ちたいもの、欲しいものを作っちゃいました〜『帆布さをり織ポケット付きバッグ』!!

素材は、丈夫な帆布。
ファイルもたっぷり入るA3サイズです。
なぜか荷物が多くなってしまう人にもおススメw

外ポケットは、さをり織りのパーツを使って、クレイジーなものになりました。
ポケットには、スマホやiPad miniも入ります。
中ポケットもありで、入口はファスナーでキチンと閉まるので、大事な資料や道具を持ち運ぶことが多い人に最適です。

お色は、ネイビーと生成りなので、男女問わずOK!

0191AA9F-3E5E-4BB3-BB03-FE6019F00142

47C7756C-8028-45B6-84C5-F9691C4C5225

各色1点限定!!
ぜひstudio nuccaにお立ち寄りください☆

これからもアトリエ型就労支援 studio nucca(就労継続支援B型・久留米)をよろしくお願いします。

494B0BF6-A482-48BC-BA96-9D709028FD2C

人権教育研修2018.02.13

おとな支援チーム マネジャーの北岡です。

2月9日に福岡市立東住吉小学校にて、人権教育研修で講話をさせていただきました。
福岡市の人権問題の8つの課題の1つである「障がい者に関する問題」の解消というお題をいただき、「見える障がいと見えない障がい」について話をしました。

総勢22名の教職員関係者の皆さまへ「見えることで起こる課題」については、studio nuccaを利用されているメンバーの郡 健人さんに、起こり得る地域生活のし易さ・し難さを実際の学生時代の体験エピソードを話してもらいました。
反面で「見えないことで起こる課題」について発達障がいの特性を元手にエピソードを伝えました。

課題解決として、見方を変えて知っていただくための啓発活動が重要で、誤解や誤理解を解消するために当事者を含め支援者も社会とのつなぎ役に徹したいと思いを馳せる研修会となりました。
学校ではインクルーシブ教育の推奨と障がい者差別解消における合理的配慮について、理解を深め子ども達の充実した学校生活の在り方を日々検証しているそうです。

これからも株式会社LikeLab(久留米/小郡/鳥栖/基山)をよろしくお願いします。

C76D6947-E5DF-4B94-9F06-4D5D6F6A009E

nucca展『ワンダフル&ファンタジー』終了!2018.02.06

ヌッカの包行です。

一番街多目的ギャラリーにて開催されていた、nucca展『ワンダフル&ファンタジー』が無事に終了いたしました。

会期中は、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
メッセージノートに書かれたみなさまからのご感想をnuccaメンバーとじっくり読ませていただいてます。

陶器作品で表現した、ファンタジーな作品たちも多くの方が購入してくださいました。
メンバーに作品が売れたことを伝えると、「また次のを作らな」とモチベーションが上がっているようです。

9716671E-2E19-4A58-8754-ADB3E2BFCF17

2018年もさらなる飛躍を目指して、ワンダフルに活動していきたいと思います。
ぜひ、ご期待ください。

A1706470-9C31-469F-A64D-1D15E1A2CE92

これからもアトリエ型就労支援 studio nucca(就労継続支援B型・久留米)をよろしくお願いします。

1 / 3123

ページTOP